代表Florist IKUYO BILTON

まだ小学校に上がる前...お花が大好きだった祖母と、大きなじょうろを持って、庭のお花に水をやりに行くのが日課でした。毎日お花と触れ合うのが楽しみで楽しみで仕方がなかった私は気がつけば将来の夢はいつも"お花屋さん"になる事。私が今ここに居るのも、お花のお仕事をしているのも、祖母が「お花の美しさ」を教えてくれたからだと今は亡き祖母に感謝をしています。

基礎となるFloristryは日本で勉強と修行。その後、無謀にも何の伝手もなく単身、スーツケース一つに技術と知識と知恵と花切りハサミとパスポートを入れてイギリス・ロンドンへ。渡英直後から、努力の甲斐とご縁がありフラワーデザイン世界トップレベルの現場でデザインと製作に携わる。見たいものを見て、会いたい人に会いに行き、経験したいことを経験する旅で訪問した国、約30か国。イギリス現地で結婚・出産をし、現在双子の育児をしながら、更により多くの方にご利用いただけるよう2017年、日本にも拠点を置きBilton Flower Designを開業。

Bilton Flower Design History

1983年 徳島県生まれ 海と山の間育ち

4歳で"お花屋さんになる"と決める。

15歳で念願の花屋のバイトを始める。現在お陰様でFlorist歴19年目。

学校卒業後、フラワービジネスを日本中で展開した「株式会社 新宿花大」創業者・澤野泰裕氏の元で修業させて頂く。

20歳代半ばに世界約30か国を旅して、世界情勢の勉強、各国のフラワーマーケットや市場を調査。衣食住の大切さ、「マズローの欲求5段階説」を身をもって知る。

2010年、渡英。London・Wimbledon Village Floristに入社。世界のトップスターのご自宅・ホテル・レストラン・カフェ・学校への装飾活け込み、チェルシーフラワーショーでの現地コーディネーター、イベント、パーティー、ウエディング、仕入れ、小売り、店頭・露店販売、デザイン、制作...他、沢山の経験と実績を積ませて頂く。

個人ではフラワーデザインクラスを持ち講師として活動。口コミのみで常時40名ほどの生徒様が楽しくご参加頂く。

2013年、結婚、出産し、育児をしながらも産後二か月で活動を再開。

また、夫がジュエリー技術師の為、共同プロジェクトとしてジュエリーとフラワーのコラボ商品製作・販売を開始。

華道池坊LONDON展覧会に出品。

2017年、日本にも拠点を置き、より多くの方にご利用いただけるよう正式にBilton Flower Designを開業。

お花の旅は続く...

産み育ててくれた両親・お花の美しさを教えてくれたばあちゃん・猫のピーコとグリコ・沢山の笑顔と優しさをくれる世界中の友達・Londonで私を家族の様に受け入れてくれたWimbledon Village FloristのオーナーTom・お客様おひとりおひとり・大切な大切な大好きな生徒様達・出会って色々な経験をさせてくれる夫・私たち夫婦のもとに生まれてきてくれた子供達・これから出会う方たちと経験に感謝の想いで胸いっぱいです。ありがとう。